タケポケ道場

ポケモン対戦好きなおじさんのブログ

第7世代要対策ポケモン名鑑【カバルドン】

f:id:takeshizu_poke:20170927181244p:plain

★カバルドン

種族値:108-112-118-68-72-47

 

★主な調整(ダメ計入力用実数値)

【HB特化型】 わんぱく@ゴツメ

215(252)-132-187(252)-xx-93(4)-67

★耐久

乱1火力指数目安(物理)89563〜106579

    →確2火力指数目安 53289

乱1火力指数目安(特殊)44542〜53004

    →確2火力指数目安 26502

    ・特化ギルガルド シャドボ(26640)確2

 

【HD特化型】 慎重@オボンorラム

215(252)-132-139(4)-xx-136(252)-67

 ★耐久

乱1火力指数目安(物理)66573〜79211

      →確2火力指数目安 39605

オボン込み 82985〜98752

       →確2火力指数目安 49376 

 

乱1火力指数目安(特殊)65137〜77513

       →確2火力指数目安 38756

 オボン込み   81194〜96620

       →確2火力指数目安 48310

 

★技/型警戒レベル

S:じしん/ふきとばし/あくび

A:ステルスロック/なまける

B:こおりのキバ/がんせきふうじ/まもる

特殊:

 

★筆者評価

ゴツメを持たせたHB特化型か、オボンのみ/ラムのみを持たせたHD特化型が多い。ドリュウズがいる場合はさらさわ岩持ちを想定。

 

第6世代では、慎重HD型であってもDに振り切らず「メガリザYのオバヒ耐え」まで振って、残りをBに振るプレイヤーが多い印象があったが、「テテフのサイキネ耐え」等の影響があり、HD型はHD特化型を想定しておいた方が良いだろう。カバルドンを特殊方面の火力で突破しようと考えているプレイヤーは意識しておきたい。

筆者の印象としては遭遇頻度はHD型>HB型。第6世代と遭遇頻度が逆転したように感じる。

 

攻撃ワザは地震のみの型が殆ど。岩石封じ/氷のキバ持ちは事故と割り切れるくらいにまで減った印象がある。