タケポケ道場

ポケモン対戦好きなおじさんのブログ

「第7世代要対策ポケモン名鑑」の読み方【キノガッサ】

  当シリーズでは、筆者自身が

「あのポケモンの対策を考える際に、こういう情報があったら便利だなあ」

と思っていた内容の記事化を試みてみました。

 

・対象ポケモンを一発で倒すために必要な火力。

・ダメージ計算ツールを使う際に打ち込む実数値。

・採用されやすいワザ。

 

といった情報に加え、

「そのポケモンを敵視点から見た筆者の考えも書いてみました。

もし、私が対戦経験が浅く、情報を集める立場の者だったとしたら、最も欲しい情報は

対戦経験が豊富なプレイヤーがパッと思いつく、そのポケモンに関する情報」

です。「こういう型で結果を出せた」という情報も確かに刺激的ですが、

 

「○○というポケモンを見たらどんなことを連想するか」

といった情報が一番欲しいと、私は考えたと思います。

 

例えば、キノガッサが対面で出てきた場合、ある程度の対戦経験があるプレイヤーなら

 

襷持ち 70族 タネガン/マッパ/ほうし/封じ...

 

といった情報がパッと思い浮かぶでしょう。おそらく、このブログをお読みの多くは、おそらくキノガッサに関しては上で挙げた情報がスラスラ思い浮かぶと思います。

 

しかし、対戦経験が浅いプレイヤーだと、「キノコのほうし」があることしか思い浮かばないかもしれませんし、自分のポケモンとキノガッサとどちらが早いか、といったことも把握出来ていないかもしれません。この情報差は、対戦で勝敗を大きく分けます。初心者と上級者の差は「対戦で流行っているポケモンに対する正確な情報の量」と言っても良いでしょう。

 

また、初心者に限らず、対戦経験が豊富な方のなかでも、結果を出せる人と出せない人がいますが「性格な情報差」も、原因の一つとして挙げられると思います。

 

 いささか苦しい例えですが、対戦経験が豊富であって、理にかなったPTとプレイングスキルを持っているプレイヤーがいたとしましょう。しかし、彼がたまたまスカーフガッサと3連続でマッチングしたとして

 

「現環境のキノガッサはスカーフ型が殆どだ」

 

と解釈し出すと大変です。現環境では殆どが襷型ですのに、彼は「ガッサ=スカーフ」と思い込むようになってしまいました。

その思い込みに引きずられ、キノガッサを見たら「スカーフ」を第一に考えるようになってしまいました。そして、スカーフ持ちを想定して立ち回ったら、襷ガッサに何度も連戦連敗してしまいました。ここで「やっぱりガッサ=襷だな」と情報を更新させれば問題ないのですが...。

 

ポケモンの型は流行が存在します。ワザも、確実に採用される技から絶対に採用されない技まで様々です。各自の経験にもとづいて、自然とその選定がなされているかと思います。

 

当名鑑では

「耐性経験が豊富な(強いかは置いといて)一プレイヤーから映った、対戦における人気ポケモンの情報」

もコンテンツの一つとして掲載してみました。

 

正しいかどうかは保証しません。的外れな情報になっているかもしれません。この情報をどう捉えるかは読者の判断に委ねます。先ほどの例で挙げた「ガッサ=スカーフ」に似た思い込みに、筆者が囚われている可能性もあります。

 

 

さて、当ページでは「第7世代要対策ポケモン名鑑」を初めて読まれる方を対象に、キノガッサを例に解説しました。

※他の掲載ポケモンはタグ経由でご覧下さい。順次ポケモンを追加していく予定です。

 

★キノガッサ

種族値:60-130-80-60-60-70

 
★主な調整(ダメ計入力用実数値)
陽気@きあいのタスキ
135-182(252)-100-xx-81(4)-134(252)
※一般的な努力値振りorダメージ計算ツールを使う際、筆者自身が入力したい実数値を掲載。
筆者が対策を考える際の資料目的も兼ねている。
 
★耐久目安 
乱1火力指数目安(物理):30073~35786
乱1火力指数目安(特殊):24359~28987
 
※文字通り、対象ポケモンが乱1で落とされる火力指数の範囲を表す。最小値に近ければ低乱1中間値付近ならば中乱1最大値に近ければ高乱1となる。
また、最小値未満の火力指数の技を受けた場合は確定耐え最大値以上の火力指数の技を受けた場合は確1を取られることを意味する。
 
下記リンク先の火力指数表を参照しながら「このポケモンを倒す為に必要な火力」を把握してみるのも面白いと思う
 
例えば、表によると「特化テッカグヤ ヘビーボンバー」の火力指数が30240。上記の「乱1火力指数目安(物理)」の範囲内の火力指数なので乱1圏内。最小値に近いので低乱1ということになる(実際にダメージ計算ツールで調べたら6.3%乱1だった)
 
もう一つ例を挙げると「特化ガブリアス げきりん」の火力指数が36000。
「乱1火力指数目安(物理)」の最大値を上回っているので、確1ということになる。
高耐久ポケモンになってくると、若干ズレが出てくるので、あくまでも「目安」として活用して欲しい。
 
 
 
★ワザ/型警戒ランク 
S:マッハパンチ/がんせきふうじ/タネマシンガン/キノコのほうし
A:
B:つるぎのまい
特殊:みがわり+カウンター+きあいパンチ(+きのこのほうし)
 
※筆者の主観で
S→非採用を想定出来ない。
A→Sよりは落ちるが、採用されているものとして強く警戒したい。
B→持ってても不思議ではないがマーク薄め。
特殊→特定の並びに限り採用率が上がる。
 
とランクづけした。基準は筆者の経験側+@に基づく。正解かどうかは保証しない。そのポケモンの対策を考える際は、Aランク以上の技で構成された型で筆者は考えることが多いBランクは「マーク出来るならするに越したことは無いが、切っても良いかな...」と考えている技。ある程度は仕方ないと割り切っている所。このS~Bランクを正確につけられる者こそが「正確な知識」を持ったプレイヤーなのであろう
特殊ランクは、特定の条件で採用率が上がるワザ。今回のキノガッサの場合は「ねこのて持ちとメタモンがいる場合」
 
 
★筆者評価
基本的にASタスキ型と断定して立ち回って良い。メタモン+ねこのて持ちと言った特殊な型以外ではタスキ型と見て良いだろう。準速か最速かは各プレイヤーの好みに分かれるが、最速と見て立ち回るのが原則。準速キノガッサ以上最速キノガッサ以下の素早さ実数値のポケモンを使う場合は、上を取られる前提で考えた方が良い。
 
 キノガッサが相手PTにいる場合、他の5匹がタスキ持ちでは無いという情報アドバンテージを得られるので、活用すること。
 
 ※そのポケモンに対する印象。対戦中に筆者が考えていることをメインに記載した。