タケポケ道場

ポケモン対戦好きなおじさんのブログ

【単体考察】弱点保険ガブリアス【ポケモンSM】

f:id:takeshizu_poke:20170904212216j:plain

★ガブリアス@じゃくてんほけん

性格:ようき 特性:さめはだ
195(92)-151(4)-116(4)-xx-125(156)-169(252)
げきりん/じしん/いわなだれ/つるぎのまいorどくどく
 
【耐久目安】
※特化=火力補正のかかる性格
D
【抜群】
・特化テテフムーンフォース18.8%乱1。
・特化霊獣ボルトロス めざ氷 確定耐え。
・特化メガリザードンYめざ氷18.8%乱1。
・コケコ眼鏡マジカルシャイン確定耐え。
・C4振りオニゴーリ 氷の息吹 18.8%乱1。
・耐久調整アシレーヌ(C実数値176)ムンフォ+アクジェを高確率耐え。
・メガライボルト 火炎放射+めざ氷確定耐え。
 
【等倍】
・メガゲンガー鬼火ダメ3回+たたりめ耐え。
・メガゲンガー シャドーボール2発耐え。
・特化ギルガルド シャドーボール2発耐え。
・テテフ眼鏡サイキネ 6.3%乱1。
 
【れいとうビーム】
・特化ぺリッパー(C実数値150) 6.3% 乱1。
・特化ポリゴン2(C実数値172) 81.3%乱1。
・C4振りアナライズポリゴン2 50%乱1。
 
B
・特化ミミッキュじゃれつく+かげうちを高確率耐え。
 ・メガギャラドス こおりのキバ 50%乱1。
 ・メガミミロップ れいとうパンチ 68.8%乱1。
 ・A+6特化マリルリ アクジェ37.5%乱1。
 
【参考動画】
 
 
【コンセプト】
ガブリアスの強みである素早さを確保しつつ、耐久調整を施した型。流行ポケモンのムーンフォース/めざ氷を高確率で耐え、弱点保険で火力を上げて返り討ちに出来る。
 
A+2状態で「意地鉢巻ガブリアス相当」の火力になり、突破後の相手の計算を狂わせることが出来る。
 
ワザ4枠のうち地震/逆鱗は確定。3枠目のワザは「めざ氷持ち電気ポケモン」を仮想敵のひとつに設定した型のため、霊獣ボルトロス/サンダーへの打点となる岩技が最有力。
ストーンエッジ/岩雪崩/岩石封じが候補となるが、火力と命中率のバランスの良い岩雪崩を採用。霊獣ボルトロスを怯ませての無傷突破も狙える。ボルトロスやサンダーを逆鱗で突破すると、死に出しミミッキュに積むスキを与えてしまうため、岩技の採用優先度は高い。
 
残り1枠は、耐久崩し性能のある剣の舞orどくどく。カバルドン/霊獣ランドロス/ポリゴン2の多い環境では、これらのポケモンを誘いつつ使えるどくどくの方が、やや使い勝手が上か。「初手霊獣ランドロス/カバルドン」頻度の多い環境ということもあり、どくどく採用により、初手ガブリアスと両者が対面した場合でも腐りにくくなる。
 
 
【保険対象ポケモン】
★カプ・テテフ
→スカーフ特化ムンフォを耐えて保険地震で突破可能。火力アップアイテム持ちで無ければ勝てる。サイコフィールドの恩恵を得つつ、後続に出てくるパルシェンやギャラドスを一発高火力で殴れる。パルシェン/ミミッキュ/メガギャラドスは、雪崩で1回怯ませれば、そのまま突破することも可能。
 
★ミミッキュ
→じゃれつく+かげうちの流れならば保険地震で突破可能。しかし、フェアリーZや剣の舞を使われるケースの方が多く、どちらかといえば事故対面。居座る場合は、雪崩怯みとフェアリーZ持ちではないことを願う立ち回りになってしまう。
 
皮が既にはがせていて且つZワザ消費後ならば、死に出しから剣の舞を積む立ち回りも一応可能。
 
★カプ・コケコ
→眼鏡マジカルシャイン/めざ氷を確定耐えしつつ返り討ちが可能。フェアリーZ型は滅多に見ない。
 
 
★カプ・レヒレ
→HB特化型だと地震とA+2地震でも確定耐えされてしまものの、対面から8~9割程度削ることが出来る。HC型なら突破可能。回復きのみ持ちでも確定数をズラさずに倒せる。
 
上記のポケモンと比較して火力も素早さも低いため、ムンフォ読みで受け出して強引に保険を発動させる立ち回りも視野に入る。HBレヒレの場合「C+1状態のムンフォ」「なみのり+ムンフォ」を確定耐えする。
 
ちなみに、A+2地震はHBレヒレに対して5~6割のダメージが入る。
 
★アシレーヌ
→対メガボーマンダ調整型(C実数値176 特化すてみ耐え)ならば、ムーンフォースで最高乱数を引かなければ、次ターンのアクアジェットも耐え、地震+保険地震で突破可能。
 
危険な選択ではあるが、ムーンフォース読みで受け出して、保険地震でアシレーヌを削る立ち回りも出来る。
 
ムーンフォース読みガブ出し→保険発動→アクジェ耐え→保険地震で56%の確率で突破。耐えられた場合も、次ターンアクジェで相討ちが取れる。
 
Cに厚く振った型や眼鏡型だと悲惨なことになるので、上手くいけば儲けものぐらいに考えた方が良いだろう。
 
 
 
★ポリゴン2
→ポリ2の特性と相手PTを判断材料にして、冷凍ビームの火力を見極めることが重要。アナライズ型とポリクチのようなC特化DL型が予想される場合は必ず退いた方が良い。それ以外なら居座って毒を入れる立ち回りもアリ。毒→冷ビで保険発動→A+2逆鱗の流れで、毒ダメと逆鱗のダメージを蓄積させることが出来る。
 
DL型の場合、Cが上昇しないので退き先への負荷を軽減出来る。
 
 
★めざ氷持ち電気タイプ
→特化霊獣ボルトロスクラスのめざ氷で落ちない耐久があり基本的に有利。メガライボルトも威嚇が入っても保険地震で突破可能。眼鏡コケコのめざ氷(=マジカルシャイン)も確定耐え出来る。
 
霊獣ボルトロスは雪崩2発で突破出来、スカーフ持ち含め有利。運が良ければ怯みで無償突破も狙える。10万ボルト/ボルトチェンジ読みで受け出ししつつ、読まれてめざ氷を撃たれても、A+2雪崩で返り討ちに出来る。
 
サンダーはHB特化型だと岩雪崩→A+2岩雪崩を8割以上の確率で耐えられてしまうので、岩雪崩1回目のダメージ量で型を推測し、逆鱗で突破する判断も必要。スカーフCS型なら保険雪崩で落とせる。
 
ロトム系は、特化眼鏡めざ氷だと約8割の確率で落ちたり、鬼火が飛んでくるケースも多く、あまり相性が良くない。
 
 
 【その他】
★メガゲンガー
H252振りの型でも地震で確1が取れる。
 
CS鬼火たたりめ型の場合は
1ターン目: 鬼火→火傷地震
  ※メガゲンガーのHPが半分以下に。
2ターン目: みがわり→火傷地震
3ターン目:たたりめ→火傷地震で突破。3回目の火傷ダメを受けて相討ち...ではなく、ガブリアス側は生き残ることが出来る。
 
 
★ウツロイド
→ヘドロウエーブ+めざ氷を8割以上の確率で耐えるので、受け出して切り返す立ち回りも可能。
 
 
【Aを削ったことによる主な弊害】
★地震
・ASメガリザードンX 確1→6.3%乱1に。
   ※逆鱗ならギリギリ確1。
・ASエンテイ 確1→12.5%乱1に。
・H252メガクチート(威嚇無し)50%乱1→サメ肌込みで高確率耐え。
 
★逆鱗
・B4ガブリアス 確1→75%乱1に。
・B4キノガッサがステロ込みでも落ちない。