読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タケポケ道場

ポケモン対戦好きなおじさんのブログ

【第7話】努力値振り手順の効率追求〜ディグダトンネル道場〜【のんちゃんのポケ学】

のんちゃんのポケ学 ポケモン対戦講座

シズ:今回は、サンムーン環境環境で快適に努力値振りが出来るようになる為の方法を話していこう。

のん:タケポケ道場では、フェスサークルを利用した方法と、ディグダトンネルを利用した方法の2種類を推奨しております。どちらも知っておくと便利ですので、この機会に学んで行って下さいね。

 
 
★フェスサークル育成
 シズ:フェスサークル内のアトラクション「バルーンアスレチック」で努力値を振る。サンムーンにおける最短の育成方法だ。
★5の対応施設を所有することで、簡単に努力値を振ることができる。
 
 
バルーンアスレチック(全3種)
ドタドタハウス→HP・素早さ
バシバシパーク→攻撃・特攻
カチカチランド→防御・特防
 
★1→+4 ★2→+8 ★3→+16 ★4→+32 ★5→+64 ★6→+128 ★7→+252
 
各施設2種類の努力値を振ることが出来る。 
 
のん:上記のように★5施設では7段階のメニューが用意されておりまして、これを活用することで、4振りから252振りまでのあらゆる努力値振りが出来るんです。
 
例えば、HPに196努力値を振りたい場合は、ドタバタハウス★6,★5,★1のメニューを組み合わせることで出来ます(128+64+4=196)。サンムーンではH252といった極振りは、連鎖バトルを活用すすことで比較的ラクに出来るのですが、それ以外の調整が面倒な傾向があります。こういった施設を充実させておくと、とっても便利ですよ。ポケルスつけ作業も不要です。
 
シズ:フェスサークルの環境を整えるのは面倒だが、整えさえすれば最大効率で育成が出来る。
「無限会話」と呼ばれている方法が発見され、ある程度効率良くフェスサークルの拡充がしやすくなったから、積極的に取り組んでみると良いだろう。公式の「グローバルアトラクション」で、フェスコインを一気に稼ぐ機会も用意してくれているから、活用していこう。
 
のん:1種類アトラクションを設置するだけでも効率がグッと上がるので、多少面倒でもフェスサークルを拡充させる価値は十分にあると思います。★5施設には劣りますが、★4施設でもあれば便利なことには変わりありません。マーマネさんから誘致の誘いがあれば、乗ってみることをオススメします。
 
 
 
 ★ディグダトンネル道場 
のん:もう一つは「ディグダトンネル道場」と呼んでいる努力値振りの方法です。流石にフェスサークルのアトラクションには効率面では敵いませんが、とてもオススメの方法ですので、ぜひともこの機会に手順をマスターしていって下さいね!
 
「ディグダトンネル内だけであらゆる努力値振りを完結させてしまう」というのがコンセプトで、私達が独自に編み出した方法です。
 
シズ:ディグダトンネルの出現ポケモンは、ズバットとディグダのみ。 S努力値+1のポケモンだけが出現するスポットだ。この特徴を活用して効率良く努力値を振ろうという訳だ。
 
のん:この方法を使ううえで、必要なものと7点大切なルールがありますので、先に目を通しておいて下さい。
 
★用意するもの
・大量の努力値下げきのみ
  →ポケリゾートできのみを量産しておく。
・各種パワー系アイテム
・ポケルス感染ポケモン
・戦闘用ポケモン
・大量のビビりだま
  
★ルール1
Sの努力値は最後に振る。
 
★ルール2
努力値は「S以外で振る量が少ない箇所→振る量の多い箇所→ S」の順序で振る。
 
★ルール3
AS252振り HS252振りといった「2か所に努力値を極振りする型」の場合は例外として、「Sではない極振り箇所→S→4振り箇所」の順で努力値を振る。HB252振り等、S252振りをしない型の場合も同様に、4振り箇所を最後にする。
 
★ルール4
どのような手順で努力値を振るかを予めメモしておき、メモを確認しながら努力値を振る。
 
ルール5
S努力値の蓄積により、努力値振りに支障が出る場合、適切なタイミングでマトマのみを使いS努力値をリセットする(連鎖バトルで一匹倒すごとにS+4、通常バトルでは一匹ごとにS+2ずつ努力値が加算されていく)。
 
ルール6
連鎖バトル+努力値下げきのみだけで対応できない場合、通常バトルと組み合わせる。その際「下1ケタを揃え、努力値下げきのみによる調整」を意識して努力値振りの手順を考える。
 
ルール7
連鎖バトルでは一匹ごとに+32、通常バトルでは一匹ごとに+16ずつ努力値が加算されることを把握しておく。下記の数列を確認しながら努力値振り計画を立てると良い。
 
連鎖:32,64,96,128,160,192,224,252
通常:16,32,48,64
※連鎖バトルで8匹倒すと252振りが出来る。
※ポケルス+指定パワー系アイテム持ち前提。
※パワーアンクルを持たせた場合は連鎖バトルで一匹ごとにS+36。
※連鎖バトル=仲間呼び出しによるバトル 。
 
【共通手順】
手順1
ポケルスをつける。一般的な努力値振りと同じ要領で戦闘用ポケモンを先頭にして、ポケルス持ちポケモンと育成したいポケモンを並べて野生ポケモンと通常バトル。ズバットorディグダが出現するが、どちらを倒しても良い(以降の全バトル共通)。
 
効率面を考慮して、ポケルス感染チェックは1戦ごとではなく、3戦行った後に行うと良い。感染していれば手順2へ、していなければ感染するまでこの作業を継続する。
 
※LV上げも兼ね、この時点で「がくしゅうそうち」をオンにしておくと良い。また、育成したいポケモンには何も持たせないでおく。
 
手順2
S252振りの型を除き、努力値下げきのみ(以下:マトマのみ)でSの努力値を0にする
 
のん:ポケルス付けもディグダトンネル内で行います。ここからはケースごとに説明していきますので、流れを掴んで下さいね。4種類のケースを紹介しますが、全て手順2までを済ませた状態から始まるものとします。
 
 先程シズさんが話した通り、ディグダトンネル内ではディグダかズバットしか出現しません(両者ともS努力値+1ポケ)ので、逃げる必要は一切ありません。どんどん倒していきましょう!
 
 
★ケース1:AS252 B4振りをしたい
のん:1番カンタンな、このケースから説明していきましょう。
ルール3に則り、A252→S252→B4の順序で努力値を振ります。B4はブロムヘキシンを1回使うとラクです。
 
最初に、パワーリストを持たせて連鎖バトルをします。連鎖バトルならば一匹ごとに「A+32 S+4」の努力値が貰えます。8匹倒して「A+252 S+32」の状態にしましょう。
 
次にパワーアンクルに持ち変え、同様に連鎖バトルでSに252振り切ります。6回連鎖バトルで倒せば、既に貯まっているS努力値とあわせて 252振り切ることができます。
 
最後にブロムへキシンを使ってBに振ります。切らしている場合は、パワーベルトを持たせて通常バトルで一匹倒してBに4振りましょう(厳密には+6振られています)。
 
これでAS252 B4振りが出来ました!
 
 
★ケース2:HD252 B4振りをしたい
のん:Sに全く努力値を振らない場合でも、ディグダトンネル内だけで努力値を振り切ることが出来ます。この場合はルール3に則りH252(orD252)→B4の順に振りましょう。
 
まず、パワーウェイトを持たせて連鎖バトルで8匹倒し、Hに252振りましょう。Sにも努力値が貯まりますので、連鎖バトル後、マトマのみを使ってS努力値をリセットします(ルール5より)。この時点でH252振りの状態になっています。
 
続いて、パワーバンドを持たせてDに努力値を振りましょう。先程と同様「連鎖バトルで8匹倒してD252振り...」といきたいのですが、一匹倒すごとにSにも4ずつ努力値が振られる為、このまま8匹倒してもSの努力値がジャマしてD252振りが出来ません。
 
これを回避する為、連鎖バトルで7匹倒した後(D212 S28貯まる)、マトマのみを使ってS努力値をリセットした後、再び通常バトルで2匹倒します(連鎖バトルで1匹倒しても良いですが、通常バトル×2の方がラクです)。すると上手い具合にD252 S4振りとなります。再度マトマのみを使ってS努力値をリセットし、ブロムへキシンを使いましょう。
これでHD252 B4振りが出来ました!
 
 
★ケース3:H144 B252 S76振りをしたい
のん:ルール1に則り、H144→B252→S76の順に振ります。ここからは複雑になるので、ルール4に従い、どのように努力値を振るか予めメモしてから実行しましょう。「きのみをどのタイミングで使うのか」「ドーピングアイテムを使った方が良いのか」といった判断は、努力値振りを行う前にキッチリ計画立てをしましょうね。
 
さて、H144振りは連鎖バトルと努力値下げきのみだけでは実現できません。通常バトルと組み合わせて下1ケタを4になるように調整してみましょう。ルール7で記載された数列を見ながら考えていきましょう。
 
連鎖バトル4戦(+128)+通常バトル1戦(+16)で下1ケタが揃いますね。しかも144とピッタリですので、きのみも必要ありませんでした。この手順で振りましょう!
 
※マックスアップ×8→連鎖バトル×2でも144振りが出来ます。資金orBPが潤沢ならば、こちらもアリかもしれません。
 
H144を振り終えたら、後はB252→S76の順で振っていきましょう。パワーベルトに持ち替えて連鎖バトルでB努力値を振ります。Bに振る前にマトマのみでS努力値下げも行っておきましょう。
 
※今回のケースではマトマのみを使わなくても問題なくB252振りが出来ますが、コツをつかめていない内は、キッチリここでS努力値をリセットしておくことを推奨します。思わぬトラブルを避けられます。
 
B252振りが終わった後は、パワーアンクルに持ちかえて、連鎖バトルで数匹倒しましょう。これでH144 B252 S76振りが出来ました!
 
 
★ケース4:H244 B156 D100 C4 S4振り
のん:所謂5箇所振りです。少し手順が多くなりますが、今までお話ししてきたことを応用していけば出来ます。まずは、メモを用意して振る順序計画を立てましょう。
 
ルール1により、今回はC4→D100→B156→H244→S4の順序で努力値を振ります。
 ※今回、ドーピングは少量で済ませる方針とします。
 
1.C4振り
連鎖バトル2回+努力値下げきのみ6個
32×2-10×6 = 4
 
2.D100振り
連鎖バトル5回+努力値下げきのみ6個
32×5-10×6 = 100
 
3.B156振り
のん:156振りは、連鎖バトル+努力値下げきのみの組み合わせだけでは不可能です。
 
ルール6に従い、下1ケタを揃えることを意識して手順を考えていきましょう。下の数列を見ながら適切な振り方を考えましょう。
 
連鎖:32,64,96,128,160,192,224,252
単体:16,32,48,64
 
連鎖バトル×5→単体バトル×1で176。下1ケタが一致しました。これできのみを組み合わせてB156振りができますね(ブロムへキシン×8→連鎖バトル×3でも可)。この時点でS努力値が貯まってしまっているので、きのみを使ってS努力値をリセットしましょう。
 
4.H244振り
のん:残った努力値は250。余裕が無いですので、カンストによる振りミスを防ぐため、途中でS努力値リセットを行う必要があることも頭に入れておきましょう。
 
マックスアップ2回+連鎖バトル7回で244振ることができます。但し、連鎖バトル途中でS努力値が貯まりすぎてしまうので、マックスアップ×2→連鎖バトル×6→きのみでSリセット→単体バトル×2(or連鎖バトル×1)の流れで振りましょう。
 
 この時点でSも4振られているので、これで完成です。5箇所振りは複雑な手順になりがちなので、しっかり手順をメモしておきましょう。特に、ドーピングアイテムは使うタイミングを誤りやすいので、使う順序、持たせるパワー系アイテム含め、メモを作成しておくようにしましょうね。途中で手順が分からなくなってしまうとタイムロスになってしまいます!
 
 
【ディグダトンネル道場豆知識】
★オススメ戦闘用ポケモン
ニューラ(ラナキナマウンテン産)特性:するどいめ 
みねうち/みがわり/どろぼう/こおりのつぶて
 
のん:努力値振り用の戦闘用ポケモンを持っていない場合は、このニューラをオススメします。私が実際に使っている型です。性格はなんでも構いませんが、特性は必ず「するどいめ」を粘ってください。ディグダのどろかけによる命中率ダウンを防ぐことが出来ます。
ニューラを捕まえた後、ケース1で紹介したAS252振りを試してみると良いでしょう。
 
★出現ポケモン
ズバット Lv20前後
つばさでうつ/あやしいひかり/エアカッター/かみつくorスピードスター
 
ディグダ Lv20前後
じならし/マグニチュード/どろかけ/おどろかす
 
のん:ディグダは特性カーリーヘアーでSを下げられる可能性があるので、こおりのつぶてがあると便利です。注意点としましては、マグニチュードとじならしは全体ワザです。回復タイミング等で打たれて連鎖バトルが途切れないよう注意しましょう。
 
★コツ
・ディグダトンネルに入ったら努力値を振り終えるまで移動しない。
→特に「ドーピングアイテムを途中で買い足しに行く」ということが無いようにしましょう。また、ドーピングアイテムの使用は、資金、BPの節約として、多くても5個程度に済ませる手順を考えることをオススメします。
 
 
・ドーピングアイテムを振るタイミングに注意
→ドーピングアイテムは努力値100でカンストします。努力値振りの順序をメモする際、ドーピングアイテムを振るタイミングも記載しましょう。
 
・極振りに近い努力値振り
 ・244振りは
   ドーピング×2→ 連鎖×7
 ・236振りは
   連鎖×7→きのみ×2→通常×2
 ・228振りは
   ドーピング×2→連鎖×6→通常×1
の手順で振るのがオススメ。
 
 
【さいごに】
 のん:ディグダトンネル道場は文字で表現すると煩雑に見えるかもしれませんが、実際にやってみればすぐにコツがつかめると思います。
 
「1番道路でキャタピーが出現するまで逃げるを繰り返す」「次はDを振りたいからリザードンを呼んで指定場所まで移動...」
 
といった運要素や手間がかからない点が魅力です。色々育成方法を試行錯誤しましたが、この方法が一番だと思いました。お試し頂ければ幸いです。
 
シズ:パワー系アイテム、ポケルス、努力値下げきのみの確保という壁があるものの、これらは育成する上で、どうしても通らなければならない壁だから、頑張って集めよう。
 
のん:努力値振り効率を徹底的に追求したい方は、頑張ってフェスサークルを拡充させましょう。もし、ふしぎキッチン★5を3店、バルーンアスレチック3種を揃えることが出来れば、驚くほどラクに育成が出来てしまいます。
スゴイですね、この施設は...。