読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タケポケ道場

ポケモン対戦好きなおじさんのブログ

【第1話】のんちゃんのシングルレートポケ学【初心者卒業の条件】

 

のん:今日からタケシズさんにポケモン対戦を教わることになりました。シズさん。よろしくお願いします。

 

シズ:ああ。よろしくな。のんは最近ORASを始めたって聞いたが、どの程度プレイしているのかな?

 

のん:ORASのストーリーはひと通りクリアしました。対戦に興味を持ち、レート対戦に挑戦してみたのですが、全然勝てませんでした。そのあと、対戦について調べ始めまして、個体を厳選したり、道具を集めたり、動画で情報を集めたりしてきたのですが、どうもしっくりこなくてですね...。

 

シズ:そうか。ちなみにのんは努力値や種族値、個体値の意味は知っているかい?

 

のん:何匹か育成してみたことがありますので一応は。

 

シズ:そうか。では、一応初歩的な所から取りあげて、のんの知識を確認しながら話していこうか。

 

のん:はい。よろしくお願いします。

 

--------------------------------------------------- 

 

 

 【1.種族値・個体値・努力値と型紹介記事の読み方】

シズ:のん。初心者を卒業するための条件って何だと思うかい?

 

のん:必要な知識・経験を積んで、レート1700,1800までいけるようになること...でしょうか?シズさんは、どれぐらいのレートだとお考えですか?

 

シズ:確かに、のんの言うとおり

「初心者卒業=一定のレートに到達」という捉えは一つの目安になるだろうな。だが俺はそう思わない。

 

のん:えっ?

 

シズ:俺の場合、初心者・初心者仮卒業・初心者卒業という段階に分けて考えるようにしていてな。初心者は、言わば対戦への専門知識を知らない状態だ。仮卒業者は、対戦に必要な情報を調べ、対戦専用のポケモンを育成したり道具を入手できるプレイヤーだ。のんはつまり仮卒業者ということになる。

 レート自体は関係ない。仮卒業者は「自力でポケモンを育成することができる知識があり、対戦するために必要な環境をある程度確保することができる」プレイヤーを指す。のんの場合は既にそれが出来ているから、仮卒業者って訳だ。タマゴ厳選の方法や3値の存在だって、自力で調べようとしなければ分からない。

オンライン対戦自体に興味がなく、ストーリークリアまでを楽しんでポケモンを辞める人もいる。いや、ポケモンプレイヤー全体で言えばこっちの方が多数派だ。対戦に興味を持ち、自分で調べて対戦用個体を育成した。ここまで出来ているプレイヤーは、全体からすればそう多くはないんだ。

 

のん:へー。少し意外でした。

 

シズ:のん。下のポケモンの型を見てほしい。構築記事でよく見る表現なんだが、何を意味しているか分かるかい?

 

のん:はい。大体分かります。

 

ガブリアス きあいのタスキ 陽気 サメはだ

183-182(252)-116(4)-xx-95-169(252)

AS252 B4

げきりん/がんせきふうじ/じしん/ステルスロック

 

 シズ:この時点でのんは全くの初心者じゃない。対戦用の情報を調べたことが無ければ殆ど意味が分からないだろう。

念のため説明しておくと、構築記事では概ねこんな形式で書かれていることが多く、2行目の数列はポケモンのステータスで、左からHP、攻撃、防御、特攻、特防、素早さの実数値を示している。3行目のような表現で書いている人もいる。先のHP~素早さをそれぞれHABCDSという記号で書かれている。

 

のん:AS252 B4というのは攻撃と素早さに252、防御に4努力値を振っているということですね。

 

シズ:その通り。ちなみに、2行目の()内の数字は振った努力値を意味する。182(252)というのは、A252振り、つまり攻撃に252振りしたって意味だ。持ち物・性格・特性・技すべて重要な情報だから、正確に意味を理解できるようになって欲しい。これは既にのんも理解できているんじゃないかな?

 

のん:確かに...。それなら私は仮卒業者ですね。

シズ:そういうことだ。ここまでで何か質問はあるかな?

のん:あ、シズさん。少し気になっていたのですが、2行目のxxというのはどんな数値でも構わないって意味でよろしいのでしょうか?

 

シズ:そう捉えてくれてかまわない。このガブリアスの場合、物理技しか持っていないから特攻ステータスは無関係。どんな個体値でも差し支え無い。但し書きが無い限りは、構築記事の型は全て理想個体の採用を前提としている。

のん:このガブリアスを育成するにはC抜け5V個体が必要ってことですね。

シズ:そうだね。仮にHP個体値が低い個体で育成してしまうと、構築記事でのHP実数値が183なのに、179とか177といった弱い個体になってしまうんだ。「育成をはじめた最初のうちは理想個体にこだわらず、慣れてからで良い」という意見もあるようだけど、俺は反対だな。初心者でも理想個体にこだわらなければならないと思う。

ポケモン育成は、慣れている人でもレベル上げ・努力値振りに結構時間がかかる。一匹あたり、完成までに1時間程度はかかる。中途半端に個体を妥協して後から作り直す手間を考えれば、最初からキッチリと作った方が後々の時間短縮になる。オスなら他のポケモンを育成する際の親にも出来るし、メスなら同じポケモンで別の型を育成する際に厳選効率が良いからな。後々の時間短縮につながるから頑張ろうな。

 

のん:そうですか...。実は、妥協して育成してしまっているのですが、やっぱりマズいですか?

 

シズ:ああ。タマゴから育成するポケモンに関しては、妥協せず理想個体を入手しないといけない。ゲームの仕様で孵化厳選難易度の高いポケモン(ロズレイド等)も一部いるんだが、それを除けばな。

 

のん:(うーん。シズさんはそう言いますけど、タマゴ育成もすごく時間がかかりましたし、理想個体まで粘るのはキツいのですが...。すばやさは絶対に妥協できないと知って粘りましたが、それでもすごく時間がかかっちゃいましたし...)

 

シズ:ただ、準伝説ポケモンは多少の個体値の妥協が必要だ。理想個体を求めようをすると、とんでもなく時間がかかってしまうからね。少なくとも初心者を完全に卒業するまでは、準伝説の厳選には手をつけないでおくことを強く薦める。のんもまだ手をつけない方が良いだろう。

 

のん:わかりました。ところでシズさん。準伝厳選ってどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

 

シズ:過去に研究した人がいてな。その記事によると"ORASロムでエンテイの理想個体厳選を行った場合、5割の確率で約33時間・8割の確率で約76時間以内に終えられる”と著者がコメントしている。 

5V出すまで2000時間!? ~確率から見るポケモン厳選 準伝・禁伝の場合~:hideっこの書斎 - ブロマガ

のん:ええっ!?そんなに時間がかかるんですか!?

 

シズ:ああ。相当運が良ければ10分かからず終わるが、逆に運が悪いと200時間費やしても終わらない。しかも、これは事前準備を徹底して効率化し、且つ準伝厳選の中では時間がかからないポケモンを想定した場合の話だ。準備にも時間がかかるし、他の準伝ポケモンによってはもっと時間がかかる。

 

のん:8割の確率で76時間以内って言ったら、2割の確率で丸々3日以上かかるってことじゃないですか。その間ずっと厳選し続けるんですか?

 

シズ:ああ。作業的にポケモンを捕まえてリセットの繰り返しだ。しかも厄介なことに、準伝は他のポケモンと違って1匹しか入手できない。一回捕まえてしまうと、そのゲームソフトでは2度と新しく入手し直すことが出来ない。どうしても欲しかったらもう一つソフトを用意して同じ手順を踏むことになる。

 

のん:うーん。恐ろしいですね...。

 

シズ:ただ、新作のサンムーンでは準伝の理想個体入手へのハードルが下がる要素があるという情報がある。実際にそうなれば嬉しいね。

 

のん:そうですね。(うーん...76時間...え?まさか孵化による理想個体の入手時間はこれよりはマシだから妥協しないように、ってことでしょうか?そんな...)

 

シズ:さて、準伝厳選の話はここまでにして話を戻そう。ポケモンの型紹介記事には他にも性格・持ち物・特性が書かれている。どれも重要な情報なんだけど、のん。”性格”の意味は知っているね。

 

のん:はい。ステータスに影響するんですよね。

 

シズ:そうだ。一応話しておくと、ポケモンの性格によって攻撃・防御・特攻・特防・素早さの内のどれか一つステータスが1.1倍(上昇補正と言う)、0.9倍(下降補正という)になるんだ。性格によって決まっていて、例えば「ようき」だと素早さに1.1倍の上昇補正がかかり、特攻が0.9倍の下降補正がかかる。ポケモンを育成する際には、必ず理想の性格にする必要があるから重要だ。

 

のん:シズさん。素早さはともかくとして、1.1倍補正って聞くと大したことがないように聞こえるのですが、そんなに大事なのでしょうか?

 

シズ:もの凄く大事だ。この1.1倍の補正が勝敗に響くことは多い。これは後日話そう。性格補正もだが、こだわりだすとステータス実数値1の違いにすら敏感になってくる人も多い少なくとも、わざわざ弱い個体を使うメリットは無い。

 

のん:シズさんの言うことは分かるのですが...。ほら、シズさん。ポケモンGOでも捕まえた個体ごとに強さが違いますけど、特に強いと評価されなかった個体でもジムバトルで問題なく勝てましたし、ステータスのちょっとした差に、何もそこまでこだわらなくても。

 

シズ:のん。ポケモンGOとは全く違うんだ。確かに現状のポケモンGOだとそこまで個体にこだわらなくてもプレイに支障は出ない。が、本家ポケモンの対戦ではハッキリ言って支障が出る。ポケモンではステータス1の違いに泣くことはよくあるんだ。理想個体の採用は、対戦の上で一方的不利を背負わない為の条件だから、こだわってくれ。

のん:はい...。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【2.初心者本卒業への条件】

シズ:先ほど、初心者仮卒業の条件を「自力でポケモンを育成することのできる知識と経験がある。対戦するために必要な環境を確保することができる」と話した。のん。初心者仮卒業者と本卒業者の違いは何だと思う?

 

のん:うーん。やっぱり、ある程度勝てるようになることでしょうか?

 

シズ:「出来る限り短時間で対戦・育成環境を整えることができるようになること」だ。初心者卒業に勝ち負けは関係ない。育成する際は知識も必要だが、それ以上に、短時間で育成が可能な環境を用意できることが重要となる。

例えば、ガブリアス育成をする場合、まず、サメ肌個体を得ることが壁になる。げきりんは遺伝技なので、遺伝用のオスポケモンを用意する必要がある。理想個体を得るまでに交配を繰り返さなくてはならない。理想個体を入手した後も、努力値振り・レベル上げをする必要がある。のんも実際にやったことがあるから分かるだろう。正直「時間がかかってツラい」って思わなかったか?

 

のん:はい。実はシズさんの言うとおりで、時間がかかってかかって...

 

シズ:そうだろ?結果として、この手間が多くの初心者・仮卒業者のポケモン対戦へのモチベーションを奪ってしまう。対戦に興味を持ったとしても、時間がかかって面倒になったり、時間の制約の関係で、手をつけられず競技参加を諦めてしまう原因になるんだ。頑張って育成を終えられるプレイヤーや、この厳選・育成過程自体が楽しいと捉えているプレイヤーもいるが、全体からすれば少数派だ。

大切なことだから、のんには今日の話を聞いて初心者を本卒業できるようになって欲しい。

のん:はい。お願いします。

 

シズ:さて、その方法なんだが....のん。いきなりだが俺から育成済みのガブリアス・ガルーラ・ゲンガーをプレゼントしよう。

 

のん:えっ?あ、ありがとうございます...?

 

シズ:いいかい?初心者本卒業をするための最善策は、既にやり込んでいる他者に協力してもらうことだ。一人で一から対戦環境を整備しようとすると、ストーリークリアするまでにかけた時間以上の時間を平気で費やしてしまう。他人の協力を仰いで近道をするんだ。

そもそもポケモンは、他人に協力しあうことを前提にした要素も含んだゲームだと知っておいて欲しい。ポケモンは初代から、自分のソフトでは出現しないポケモン、通信交換進化など、他人との協力を必要とする要素があるゲームだったんだ。一人でロムを複数購入して図鑑を完成させることは出来るが、友達とお互いに協力しあって必要なポケモン交換をした方が早いし、実際の人物相手とのコミュニケーション要素もあり、それがゲームとしての魅力でもあったんだ。当時、画期的なシステムだったんだぜ。俺も初代をプレイした世代だが、友達と「ガルーラ持ってたらさ、ラッキーと交換してくれない?」といったような話をしながら遊んでたっけな。なかなか出現しないポケモン。捕まえにくいポケモンは、自分でも集めて交換の交渉材料にしたりするという遊び方があったんだ。これは、今のポケモンでも受け継がれている要素だから、積極的に友人などに協力・交換を持ちかけてみることだ。

 

のん:なるほど。

 

シズ:しつこいかもしれないが、自分一人だけで対戦環境を整えようとするととんでもない回り道をすることになる。

現在は、一人でもGTSやミラクル交換といった方法で欲しい個体を狙うことは出来るが、友人の協力・交換には効率面で敵わない。性格・遺伝技・個体値全てが狙い通りの個体をGTS・ミラクル交換で得るのはかなりの強運を要するだろう。

身近にポケモンをプレイしている友人・知人がいないならば、ツイッター等のSNSや交換掲示板を利用すると良い。募集している人が見つかれば話しかけてみると良いし、こちらから募集するのも良いだろう。交渉ゲームをするという感覚でも良いと思う。

都合良くタダで目的の理想個体をもらえるかどうかは保証しないが、アイテム交換や、こちらの孵化あまりを条件にすることで、応じてもらえる可能性が上がるだろう。GTSやミラクル交換に比べて短時間で目的の個体が入手できるハズだ。もちろん、ちゃんと礼儀やコミュニケーションは大事だからな。

 

...と、まあ、俺から言えるのはこれ位だ。のん。育成してみたいポケモンがいたら、俺が持っているポケモンだったら孵化余りを分けてやれるから、いつでも言ってくれな。

 

 のん:はい!

 

 【まとめ】

・初心者仮卒業の条件:自力でポケモン育成や対戦に必要な道具等を揃えることが出来る。

・初心者本卒業の条件:仮卒業の条件を「短時間且つ効率良く」できる。

・ポケモンは他者の協力を前提としたゲーム。積極的に孵化あまり等を分けてもらう・交換してもらうことを考えた方が格段に早い。

 

-----------------