タケポケ道場

ポケモン対戦好きなおじさんのブログ

第7世代要対策ポケモン名鑑【グライオン】

 f:id:takeshizu_poke:20170925162147p:plain

★グライオン

種族値:75-95-125-45-75-95

 

★主な調整(ダメ計入力用実数値)

陽気HS調整型@どくどくだま

179(228)-116(4)-146(4)-xx-104(68)-155(204)

★耐久

乱1火力指数目安(物理)58217〜69278

乱1火力指数目安(特殊)41470〜49349

 

慎重HD特化@どくどくだま

182(252)-115-146(4)-xx-139(252)-115

 ★耐久

乱1火力指数目安(物理)59193〜70439

乱1火力指数目安(特殊)56355〜67062

 

★技/型警戒レベル

S:じしん

A:ハサミギロチンorどくどく/まもる/みがわり/はねやすめ

B:

特殊:

 

★筆者評価

じしん/ギロチンorどくどく/まもるorみがわりorはねやすめから2つ

の構成を想定して立ち回る。

 

第6世代と比較して、素早さより特防に努力値を厚く振ったプレイヤーが増えた。特防方面の目安として

「陽気HS調整型」は特化スカーフテテフのサイキネをギリギリ耐える程度、

「慎重HD特化型」は特化メガリザードンYのだいもんじ最高乱数以外耐えが出来る耐久となる。

ダメージの入り方でD振りかS振りかを判断。早い型は「みがわり」遅い型は「羽休め」持ちを想定しながら立ち回りたい。



 

グラスイオン対策を考える場合、グライオンの引き先であるポケモンも受け切れない技範囲が要求される。受けループやポリ2と組まれることが多く、両者に対して詰まない性能が必要。PTを組む際の難所の1つだと思う。しかし、レート上位を目指すならばグライオン+@の並びへの対策は複数用意しておきたい。

 

第7世代要対策ポケモン名鑑【ドヒドイデ】

f:id:takeshizu_poke:20170925162006p:plain 

★ドヒドイデ

種族値:50-63-153-52-142-35

★主な調整(ダメ計入力用実数値)

ずぶとい@くろいヘドロ

157(252)-xx-224(252)-73-163(4)-57

 ★耐久

乱1火力指数目安(物理)78342〜93226

A+2特化ミミッキュZシャドークロー+シャドークロー (65520+16380) = 81900 高確率耐え。

 乱1火力指数目安(特殊)57008〜67839

 

★技/型警戒レベル

S:ねっとう/くろいきり/じこさいせい

A:どくどく

B:トーチカ/まとわりつく

特殊:

 

★筆者評価

万能な物理受けというよりも「ミミッキュ/バシャーモ受けに特化した専門家」という印象を持っている。バシャにはタイプ受けが出来、ミミッキュには場に出たターンに受け出しすれば、ドヒドイデ受け出しターンに剣の舞を積まれても黒い霧+再生+くろいヘドロの組み合わせでほぼ受けきることが出来る性能を持つ。

 

ミミッキュ(バシャーモ)への性能を確保すりため、良くも悪くも黒い霧の採用とHB特化を強いられるポケモン。また「ミミッキュを見た時点で受け出しが間に合う」というのは、裏を返せば「ミミッキュを見たターンで即受け出さなければ受け出しが間に合わない」ことを意味する(剣の舞を2回積まれてZシャドークローを撃たれるとアウト)。

ミミッキュを見たら即受け出しをしてくるポケモンなので、「ミミッキュでドヒドイデを釣り出す」プレイングが決まりやすい。ミミッキュを使うプレイヤーであれば、意識してみても面白い。

ねっとうの火力指数は8760。コケコのマジカルシャインを2発(35280)耐えられる程度の特防のあるポケモンならば、みがわりがねっとうを耐える。